地勢:ニューヨーク

ニューヨーク市は、アメリカ合衆国北東部、ニューヨーク州の南東部に位置し、ワシントンD.C.とボストンのおよそ中間にある。ハドソン川の河口に当たる。ハドソン川は、天然の港に流れ込み、更に大西洋へつながっており、街の交易都市としての発展に貢献してきた。ニューヨークの大部分は、マンハッタン、スタテンアイランド、ロングアイランドという三つの島の上にあるため、陸地面積が狭く、人口密度が高い原因となっている。

ハドソン川は、ハドソン・バレーを通ってニューヨーク湾に流れ込み、河口はニューヨーク市とトロイ市の間の三角江となっている。またハドソン川によってニュージャージー州とニューヨーク市が隔てられている。イースト川(実際には海峡)はロングアイランド湾から流れ、ブロンクス及びマンハッタンと、ロングアイランドとを隔てている。ハーレム川(実際にはイースト川とハドソン川をつなぐ海峡)は本土の一部であるブロンクスと、マンハッタンとを隔てている。

市の地形にはかなり人の手が加わっている。オランダ植民地時代から、川岸に沿って大規模な埋立てが進められたためである。埋立てが最も進んだのはロウアー・マンハッタンであり、1970年代から1980年代にかけてバッテリー・パーク・シティの開発が行われた。自然の地勢は、特にマンハッタンにおいては平坦にならされた。

市の総面積は1,214km2、うち水面面積は425km2、陸地面積は789km2である。標高が最も高いのはスタテンアイランドのTodt Hillの124.9mであり、これはメイン州以南の東海岸の中で最高地点である。その頂上付近は、スタテンアイランド緑地帯の一部をなし、ほとんど森林に覆われている

拓夢書房・ロゴマーク
アメリカ合衆国ニューヨーク州
アメリカ合衆国ニューヨーク州

 アメリカ合衆国ニューヨーク州
 アメリカ合衆国ニューヨーク州
 アメリカ合衆国ニューヨーク州
アメリカ合衆国ニューヨーク州